ニワカ歴史オタが語る雑記

    不定期更新 気になった武将や人物について取り上げたりおんj中心にまとめたりします

    織田信長にとって尾張統一は何度も自分が前線に立って指揮しないと生き残ることができない苦難の時代でした。そんな弱小勢力だった頃において味方は一人でも多い方が心強いものです。尾張統一は織田一族同士との争いの連続でした。しかし、今回紹介する織田信光は信長が家督を継いで間もないころから味方し、尾張統一に大きく貢献した人物です。


    odamitu

    【織田信光 尾張統一に貢献した信長の叔父】の続きを読む

    「麒麟がくる」放送記念として、斎藤家2代の解説記事。今回は息子の義龍について解説していきます。当主としては尾張の常勝軍団・織田信長を何度も退け、存命中は美濃に手を出させなかった名将なのですが、父に認められないことが契機となり父殺しという大罪を犯し、自らも短命で亡くなってしまったある意味悲劇の将です。



    yositatu

    【斎藤義龍 父殺しの禁忌を犯した将】の続きを読む

    昭和の高度成長期の日本において、立身出世はサラリーマンたちの目指すべき姿であり、日本一の戦国武将は豊臣秀吉を指していました。しかし今は出世はそれほど高望みされなくなり、穏やかな暮らしを志向する若者が増えました。故に、低い身分から大大名に出世した秀吉は今の若者たちにとってそれほど憧れの存在では無くなってきています(晩年の痴呆老人もフォーカスされるようになっているし・・・)。もう一人、出世欲離れから昔に比べて人気が低迷してきた武将がいます。






     





     

    斎藤道三。

     

     


    dousan












    下剋上の代名詞的な存在であり、織田信長を語る上では濃姫の父という超重要なポジションを占めていたにもかかわらず、近年は斎藤道三がフィーチャーされることも少なくなってきました。ということで、今回は「麒麟がくる」放送開始記念として斎藤道三について語っていきます。

     

     

     

    龍興?知らんな。

    【斎藤道三 出世街道も嫌われ度も戦国一?下剋上の大ヒール】の続きを読む

     

    前回では、禁酒法が制定されるまでを解説しました。戒律主義と女性たち権利拡大の下で醸成された禁酒運動はやがて、第一次世界大戦の国家高揚のプロパガンダに利用されついに禁酒法が制定されるまでに施行されます。

    【禁酒法⓶ 世界で最も高貴な実験】の続きを読む

    1919年、116日。アメリカにてとある奇妙な法律が制定されました。

     

     

     

    憲法修正第18条、ボルステッド法。通称禁酒法と呼ばれるこの法案は「世界で最も尊い」実験」と呼ばれ、悪名高い禁酒法時代を作り上げました。今回はそんな禁酒法時代のお話をしていきましょう。

     

     

     

     


    【禁酒法⓵ アメリカの飲酒文化をぶっ壊す!】の続きを読む

    このページのトップヘ