ニワカ歴史オタが語る雑記

    不定期更新 気になった武将や人物について取り上げたりおんj中心にまとめたりします

    元就が当主に就いていたことの毛利氏は大江広元の血を引く、古き良き鎌倉武士の家風を持った大名でした。夫を支えた正室・妙玖に元就や家臣団は深く感謝しており、元就の手紙には「妙玖には御家滅亡の危機を何度も助けられた」と妻を偲ぶ様子が残されています。

     



    鎌倉時代の武家は男子だけでなく娘にも領地分配が行われました。しかし、世代を経るごとに受け継ぐ領地が減っていったため、次第に嫡男のみが領地を引き継ぐシステムになっていきます。毛利元就は妙玖のような女性を毛利家から輩出するためにこれを応用し、評定の際には女性も男と同等の意見を言える立場として重用しました。例えば、家督を譲っていた長男・隆元が病死した際、孫の輝元にすぐ家督を譲るのではなく、しばらくの間は元就と隆元の正室・尾崎局の両名が毛利家の最終決定権を持ち、統括する立場にありました。元就も何か大きな軍事行動や領国経営を行う際には手紙にて尾崎局の了承をとっており、元就の女性参画を進めようとする意志が見て取れます。



     

    仲には、一族の女性同士が言い争いになることもありました。今回はそんな毛利家の2人のお話。

    【【五龍局】吉川元春と二人の女性【新庄局】】の続きを読む

    imagesU7WQVK64



    1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)09:32:08 ID:q7G
    今のところ主要な説は

    「初代から居たよ説」
    「10代目から実在するよ説」
    「初代と2~9代とばして10代目からは実在するよ説」

    とかがあるで

    9: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)09:36:14 ID:Ggv
    いないぞ

    10: 名無しさん@おーぷん 2019/02/21(木)09:37:21 ID:acM
    いるぞ



    引用:天皇は何代から存在したのか
    【【おんjまとめ】天皇は第何代から実在したのか?】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/25(土)01:20:12 ID:HeY
    規制したほうがいいんじゃないか?これもう

    2: 名無しさん@おーぷん 2018/08/25(土)01:20:34 ID:NaB
    ん?

    3: 名無しさん@おーぷん 2018/08/25(土)01:20:55 ID:zJp
    ナイチンゲール男説



    引用元:アーサー王やネロやナイチンゲールを女だと思っている子供たちが増えているらしい
    【【おんjまとめ】アーサー王やネロやナイチンゲールを女だと思っている子供が増えているらしい】の続きを読む

    no title


    1: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)11:33:58 ID:2E1
    ワイらの先祖かっこよすぎやろ

    2: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)11:34:31 ID:vDh
    なお、見返りは合わない模様

    11: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)12:08:04 ID:B0n
    >>2
    勝つ側について落ち武者狩りまくって武具とか剥ぎ取りまくったら儲かるやろ

    15: 名無しさん@おーぷん 2019/03/12(火)12:09:15 ID:vDh
    >>11
    儲からんぞ
    儲かるとしても首やからな
    死んでるやつの武具はボロボロで使えない
    その後もその年だけ年貢が無くなるくらい



    引用元:戦国時代の農民「ちょっと戦行ってくるわ」
    【【おんjまとめ】戦国時代の農民「ちょっと戦行ってくるわ」】の続きを読む

    騒動というのは死ぬほどどうでもいいところから始まったりします。最近だとただのブラックコーヒーの画像にケチをつけたことが原因で、アニメ業界はヤクザのシノギの場だったことがバレたりとすんごいことになっていますね。

     

     

    でも意外と、大事件ってこんなくだらないことが発端で起きてしまったりしますよね。例えば日中戦争の引き金となった盧溝橋事件は一発の銃声と、日本兵一人が帰還に遅れたから。たった一人の遅刻がとんでもない悲劇の引き金になってしまったわけです。今回はけもフレ事件と同じく「食べ物にぶちぎれた」繋がりで衝撃的な事件「稲葉紀通の自害事件」について解説します。





    稲葉紀通
    スペックが既にヤバそう

    【【閲覧微注意】稲葉紀通 寒ブリに負けた男】の続きを読む

    このページのトップヘ