ニワカ戦国オタが語る雑記

不定期更新 気になった武将や人物について取り上げたりおんj中心にまとめたりします

4616857i

1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/30(土)12:28:06 ID:pae
大衆「ヒェ~悪いことせんとこ」

仏教ぐう有能

2: 名無しさん@おーぷん 2017/09/30(土)12:28:46 ID:seG
DQN「仏教wwwギャハハwww」

3: 名無しさん@おーぷん 2017/09/30(土)12:29:22 ID:cdS
???「聞いたこと無いニダ」

32: 名無しさん@おーぷん 2017/09/30(土)12:47:32 ID:qds
>>3
お前が日本に伝えただろ!いい加減にしろ!

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/04/14(金)23:30:01 ID:5Oo
3年間助手

100日間毎日大峰山に登りお参り(往復48km、標高差1355m)
止めるなら自害

90日間横になることは許されず、手すりに寄りかかって仮眠をとる以外ずっとお堂の周りを念仏を唱えながら歩き続ける
止めるなら自害

90日間座禅を組む、横になることは許されず、そのまま仮眠をとる
止めるなら自害

1日3,000回五体投地を続ける
達成条件は極秘、何年もかかる場合があるが、だいたいここでみんな死ぬ、死ぬ限界まで五体投地すると合格?

12年間山に籠る、ここから比叡山三大地獄が始まる
一日中掃除、念仏、お参り、どれも制限時間があり1日でも達成できなければ自害

3年間片道30キロのお参り、そのあと2年間頻度を上げてお参り

9日間水、食べ物禁止、横になることも禁止でお経唱え続ける

片道60キロのお参り1年間

片道84キロのお参り1年間

達成、ただし2-3年に一度7日間の断食断水、100日間の五穀断ちが必要

彡()()

2: 名無しさん@おーぷん 2017/04/14(金)23:30:27 ID:Efa
誰が考えたんやろなぁ…

3: 名無しさん@おーぷん 2017/04/14(金)23:31:19 ID:sSd
ワイは科挙受かったのに虎になったし日本も大変やな

8: 名無しさん@おーぷん 2017/04/14(金)23:33:37 ID:mzI
>>3
おは李徴

続きを読む

戦国末期の動乱を外交術によって大国に離合集散し、江戸時代にその命脈を残した小さな国衆たち。
真田安房守は表裏比興を呼ばれ、徳川・北条・上杉といった大大名を手玉にとって生き残った名将である。

けれども次々と与する勢力を変えた国人衆は真田だけではなかった。
今回は九州の真田家ともいわれる筑紫家について解説する。

o0594031613295605135


続きを読む

今回は華々しい戦国武将の活躍の陰に縁の下の力持ちとなって頑張ったり苦労した弟を紹介します。

管理人が勝手に7人ピックアップしてみました。

①羽柴秀長
o0594031613317423491

よくできた弟といえばこの人!兄・秀吉の天下取りに大きく貢献した人物であります。吝嗇家でもあり、お城の一室を埋め尽くすほどの黄金を貯め込んでいたとか。

②細川興元
o0593031613332901596

ヤンデレ当主・細川忠興の弟。細川家の重鎮として兄・忠興を支えますが、ガラシャ夫人の紹介を受けてキリスト教に入信。ガラシャの死後は兄の八つ当たり仲が悪くなり、隣国の黒田家に出奔します。その後、秀忠に呼ばれ忠興とは別に分家を興しますが、兄の反対を受けて1万石に留まったといいます。武将としても有能で大坂の陣では自ら首級を挙げたと記録されています。

③北条氏規
o0594031913331918909

北条氏政の弟。四兄弟の4男として外交・内政で活躍して勢力拡大に務めました。家康とは今川時代の人質の中らしく徳川家との取次を担当していました。しかし小田原の役では北条家と豊臣政権との対立を止めることができず、涙を呑んで主家の滅亡を見届けることになります。

④高橋直次
o0592031513284794126

立花宗茂の弟。自ら前線で戦い、碧諦館の戦いでは敵軍に突入して兄を救い出した他、続く露梁海戦では殿を務めて、日本軍を死守します。また柳生宗矩に弟子入りして自ら「新陰治源流」を開きました。でも元服するや否や隣国の筑紫氏に攻められたと思えば、和平の証として筑紫家の姫と結婚したり、その翌年には島津軍に居城を攻められて、幼い妻共々捕虜となったり、行く先々でトラブルに巻き込まれる不幸体質だったりします。

宇喜多忠家
o0594031813219770901

宇喜多直家の弟。兄が兄だけに、とにかく何かにおびえており、常に経帷子をつけていたとかいろいろ苦労人。でも長生きして豊臣政権の重鎮となりました。出家して「安心斎」と名乗りました。兄に暗殺される必要が亡くなって安心したのかな?

⑥真田信尹
o0593031713271651840

真田昌幸の弟。双子説もあります。若いころは武田軍に所属して、北条綱成の軍に単騎突入、本陣の旗を奪い取る武功を挙げています。武田家滅亡後は、徳川家や蒲生家などを渡り歩き昌幸とは別行動をとります。別家となることで真田家滅亡のリスクマネジメントをしていた他、兄に諸国の情報を送っていたのではないかと言われています。江戸時代になると7000石の上級旗本となり、大坂の陣では真田信繁と調略・首実検を担当したといいます。信尹が「はて・・・私は最近目が悪くなって、この首は弁丸(信繁の幼名)か分からんのう・・・」と言ったことから真田幸村生存説が生まれたんだとか。

⑦松平忠輝
o0593031613339263185

徳川秀忠の弟であり、常に秀忠と対立していたと言います。伊達政宗の娘、いろは姫と結婚。政宗の天下取りの手駒となりますが、大坂の陣以降、秀忠によって改易、流罪となってしまい昭和になるまで徳川本家からは許されませんでした。外国の文化や茶道に長けた文化人であり、徳川家らしくない瀟洒な気風が嫌われる原因となったのかも?流罪となった諏訪では町人に医術や読み書きを教えるなどして暮らし、25歳に流されて92歳まで生きたそうです。セカンドライフが長すぎる!




013

1: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:56:36 ID:mdT
大名とかいう立派な身分のくせにねこまんまなんかしてるんじゃねぇよwwwww

2: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:57:08 ID:ERw
飯に(男)汁を2回かけるとは……

これが史実

3: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:57:27 ID:tJh
毛利輝元「おっそうだな」

4: 名無しさん@おーぷん 2017/01/08(日)22:57:33 ID:N3i
汁(意味深)

続きを読む

このページのトップヘ